「緩和される日常」
「緩和される日常」
札幌時計台ギャラリーC室(札幌)
2001年7月28日〜8月4日

01

札幌の時計台ギャラリーで、2回目となる展覧会。女性をモチーフとして、自分の日常の緩い雰囲気をテーマにした作品30点で構成した。作品は小パネルからS100号まであり、作品の大きさごとに分け、配置した。作品の色は、近作と比べると少しくすんでいるものが多いが、けだるさや黄昏にも似た、叙情的な雰囲気には合っていたように思う。コラージュの手法も用いて色面構成された作品という感が強く残る展示だった。
02 03
04 06 05