「横移動の時間軸」
「横移動の時間軸」
Capybara Cafe(石狩)
2003年11月19日〜12月9日
企画 Capybara Cafe

01

時の流れは縦なのか横なのか考えてみたら、自分では横になった。
履歴書を書くときにはみんな、縦に書くのに。そういう自分も、このCAFEに置いてある。自分の履歴をやはり縦で書いたのだ。これでは説得力はない。人生を縦か横か考えると、やっぱり道というイメージから私は横にしてしまう。単に横の方が好きなのかもしれない。
ある雑誌に「流れていくものの中から流されないものを見つけることが上手になれたら、と思う」と書いてあった。それを見極める目を養いたいし、身につけるともっと生きやすくなるのだろうか。何を流し、何をすくい取って自分の中に生かしていくのか。自分が時の中で流れている状況で、流れないものを手にしたらそれは自分の中にどのように再生していくのかなと思うと、その中身が人の思いだったらそれは記憶なのかなとも思ったりする。今までたくさんの事を流してきが、実際自分に必要な流されないものをどれだけ見つけて来られたかはわからない。今こうしている時にもどんどん流れて行ってしまっていると思うと、何か拾わなきゃいけないと焦りそうで落ち着かない。
自分をしっかり持っていないと、ある意味、時間に流されるというより、人に流されてしまう。時間の流れから大事なものを見つけだすことも大事だが、上手になれるにこしたことはないけど、その前に自分の流れを大事にできる努力をしてみようと思う。
02 03